expand_less

極小電子部品をコロイド粒子に「接着」:環境を感知できる極小ロボットをMITが開発

  • 技術
2018/11/1

超小型ロボットを血流に送り込み、臨床的に意味ある仕事を任せる。このような夢が少しだけ現実に近づいている。マサチューセッツ工科大学(MIT)の研究チームが、周囲環境を感知できる極小ロボットを発表したのだ。センサーだけでなくメモリやプロセッサーなど、コンピューティングの重要部品も内蔵しているため、収集したデータを使って、実際に何かを行うこともできる。

研究チームは、パッケージ化された小さな電子部品をコロイド粒子に「接着」させることで、超小型ロボットをつくった。コロイド粒子は液体環境で動き回ることができるため、血流をはじめとする、生体内部における液体状の媒体内を移動するためのプラットフォームとして機能する。

電子部品を稼働させるのに必要なのは弱い電磁場だけだ。この技術が病院で使われる場合でも、患者に負担をかける心配はない。

参考文献:「Nature Nanotechnology」の論文「Colloidal nanoelectronic state machines based on 2D materials for aerosolizable electronics

 

この記事は、Medgadget編集部が執筆し、NewsCredパブリッシャーネットワークを通じてライセンスされたものです。ライセンスに関するお問い合わせはlegal@newscred.comまでお願いいたします。

同カテゴリの新着記事