NEWS/RELEASE

田中貴金属記念財団が、最高金額500万円を授与する「貴金属に関わる研究助成金」の研究テーマを9月1日より募集開始

国内の教育機関・公的研究機関に助成
貴金属が貢献できる新しい技術や、製品の実用化に向けた研究・開発をテーマに募集、11月30日締切

2022年9月1日

一般財団法人 田中貴金属記念財団(代表理事:岡本 英彌)は、2022年度「貴金属に関わる研究助成金」の研究テーマを9月1日(木)から11月30日(水)まで募集することを発表します。本助成金は、貴金属を使用した研究・開発を行う国内の教育機関や公的研究機関を対象に募集し、第24回目となる本年度の受賞者には、最高金額500万円の「プラチナ賞」をはじめ、「ゴールド賞」200万円、「シルバー賞」100万円、「萌芽賞」100万円、「奨励賞」30万円をそれぞれ授与します。

本助成金は、貴金属が貢献できる新しい技術や、研究・開発に対して、あらゆる分野からテーマを募集します。応募は田中貴金属記念財団ホームページ(https://tanaka-foundation.or.jp)の応募フォームから受け付け、厳正な審査の上、2023年3月末頃に同ホームページ上にて受賞者を発表します。

一般財団法人 田中貴金属記念財団ホームページ

20220901_田中貴金属記念財団が、最高金額500万円を授与する「貴金属に関わる研究助成金」の研究テーマを9月1日より募集開始.pdf